40代からのアンチエイジング&ライフ

40代主婦がアンチエイジングと生活に関することを書いてます。肌はやや弱め、エタノール多め化粧水は苦手。

ワセリンのシワへの効果は?乾燥は油分だけでは改善できない

f:id:momiji1014:20161205154422j:plain:right

目の下のシワにワセリンはどうなのか?と素朴な疑問を感じたので、目元も顔全体も白色ワセリンを使ってみました。

肌に優しそうだし、目元用化粧品と比べるとコスパもいい!!

そんなワセリンが目の下や瞼のシワ対策に効果的だったら嬉しいと思ったので^^

ワセリンを目元のシワに使ってみた結果

実際やってみたのですが、残念ながら乾燥が強い私の目元のシワに目立った効果は感じられませんでした。

最初の数時間は潤っているような気がしたのです。でもだんだん乾燥して角層が超薄の薄皮みたいになって浮いてくるというか、今にも破れそうなラップみたいになってきて・・・。

20代とか、元から肌に水分を保つ力がある人にはいいかもしれません。でも私のように乾燥肌で元々保水力が低めなタイプには、ワセリンで目元ケアは無理があるんじゃないかと。

化粧水+ワセリンの組み合わせだと保湿感がありますが、化粧水使うならワセリンじゃなくても普通にクリームでいいんじゃ・・・という気持ちになります。

クリームよりシンプルなワセリンのほうが肌には負担が少なそうですが、私が求めている効果とちょっと違うというか。

あくまでもワセリンは油分。シワに効果的な成分は入ってない

ワセリンは油分で、美容クリームや美容液のような栄養成分は入ってません。なので、過剰な期待は禁物。

もちろん油分というのは判ってはいたのですが、もしかしたら何か思いがけない効果があるかも!と変に期待しちゃったんですよね^^;

弱った肌の保護しつつ元気になるのを待つみたいな時には、いいのかもしれません。目にじわじわ入ってきても染みないし。

あと、あくまでもスキンケアのフタとして使うモノと考えるならいいのかもしれませんね。どうしても合うクリームや乳液が見つからないとか、そんな時はいいのかも。

乾燥ジワ改善は保湿成分が必要

浅い乾燥ジワは保湿することで改善されるので、油分ばかりではなく保湿成分を補うことが必要といわれています。

年齢を重ねると肌の水分を保つ力が弱くなっていきます。ターンオーバーがゆっくりになったり、肌ダメージなどから、肌の潤う力自体が低下していくからです。

その理由のひとつは、肌の水分を保つ働きをする成分が減っていくことです。なので、これを補うようなものを足してあげると乾燥対策に効果的とされています。

実際、乾燥ジワ対策には油分より保湿成分のほうが効果を感じた

私の場合は、クリームなどの油分が多いものを重ね塗りするよりも、セラミド入りの美容液やアイクリームのほうが目元の乾燥には効果的でした。

いくつかのセラミド入りコスメを肌の状態に合わせて使い分けたり、足したりしてますが、乾燥ジワも一時期ほどは目立たなくなりつつあります。

もし乾燥対策にセラミド入りコスメを使うなら、肌に馴染みやすいヒト型セラミドがいいと思います。とはいえイマイチ効果を感じない可能性もあるので、セラミド配合コスメを安いトライアルやサンプル等で一度試してみるといいと思います。

セラミドには種類がありますけど、ヒト型セラミドだと化粧品の成分表示では、セラミド1やセラミド3、もしくはセラミドNPといった風に書いてあるので判りやすいと思います。

関連記事

kireitoseikatu.hatenablog.com

kireitoseikatu.hatenablog.com

kireitoseikatu.hatenablog.com