40代からのアンチエイジング&ライフ

40代主婦がアンチエイジングと生活に関することを書いてます。肌はやや弱め、エタノール多め化粧水は苦手。

目元の笑いジワの肌ケアと対策。消すのは無理でも今より目立たなくしたい!

今回は笑いじわのケアや対策についてです。

 

笑いじわはイイ!っていうけど…もしなぐさめならいらないぜ!
かといって、笑いジワすごいね!とか言うのも傷つくからヤメて!!

 

…そんな気持ちの40代、モモカです。

 

笑うと目立つ笑いジワを今よりも目立たなくしたい、笑ってないのにうっすらある笑いジワの悪化を防ぎたい、そして新たなシワを予防したい!これが私の目的ですね。

でも前より良くなってきたと思います。ケアは大事!

 

スキンケアするのとしないのとでは違うと感じたので、お手入れや化粧品が効果がないとは思いません。でもコスメやスキンケアのやり方が合わないと逆効果になるから難しいですよね・・・。

 

笑いジワができるのは、骨格や筋肉のつき方・使い方等の違いも関係してるのでしょうが、ここを変えるのは難しいですよね。笑いを変えるとシワの出方も変わりますが、私の経験ではそれを維持するのはとても難しいです^^;

 

けれども、表情ジワ対策成分入りのアイクリームでちゃんと目元ケアするようになって、以前よりも笑った時にシワがぐわっとでるのが減ったと自分では思ってます。

 

おすすめのアイクリームや基礎化粧品はこちらでも紹介しています。

 

kireitoseikatu.hatenablog.com

 

 笑ってないのに目尻の笑いジワが消えないのはどうして?

若い頃は戻っていた目尻の笑いジワが、だんだんと戻らなくなってしまうのは、真皮層の土台であるコラーゲン繊維が衰え、変質することで肌の弾力が失われていくからです。

f:id:momiji1014:20161220204123j:plain

笑った時にシワがよる場所ってだいたい決まってますよね。


笑うときに表情筋が縮むと、それと連動して皮膚が引っ張られてシワがよります。

それが繰り返されて、同じ場所に繰り返しシワが寄っているうちに、その部分を支えているコラーゲン繊維の並びに偏りや乱れができます。

 

表情ジワは折り跡のようなものと考えると判りやすいです。弾力があるうちは折り跡が戻ったり、目立たないで済むけど、弾力が無くなるにつれて戻る力も減っていくわけですね。

 

若いうちはこの肌を支えるコラーゲン繊維も入れ替わりますが、加齢やダメージによってコラーゲンを生み出す力が弱くなってしまうのだそうです。

 

要するに、真皮層のコラーゲン等が減ったり弱ったりして肌の弾力が減ると、折りグセのようについたシワを戻す力が低下して、凹んだ部分がそのまま残ってしまうようになる…ということでしょうか。

 

私の場合は笑いジワと乾燥ジワが合体してしまって、スキンケアを頑張ってないときは笑った時シワシワでした・・・いまは前より減ったと思います(自分比)。

ちなみに近くに鏡置いといてテレビ観てて大笑いした時はチェックしてます(笑)

できてしまった表情ジワは消えるのか?

浅い表情ジワなら、保湿をしっかりしつつ、クセをつけないようにすれば消えることもあるそうです。

 

ただし、肌に弾力があることが条件だそうです。早いうちの対策が必要で、真皮の深いシワになると自力では難しいようですよ。

目の笑いじわを改善・予防するために必要なこと

目の周りの笑いジワ対策には、大まかにはこんなことが必要なようです。

  • 真皮層にダメージを与えないように防御(UVケア・乾燥ケア・刺激や負担をかけない)
  • 笑うときの表情グセに気をつける
  • 真皮層のコラーゲンを増やすためのケアをする

真皮層にダメージを与えないようにする・守る(UVケア・乾燥ケア・刺激や負担をかけない)

笑いジワの予防や進行を遅くするためには、真皮層にダメージを与えるようなことをなるべく避けることが必要です。

乾燥を防ぐ

乾燥は肌バリアを低下させて、真皮のコラーゲンのダメージにつながりますし、乾燥ジワの原因にもなります。

紫外線を防ぐ

紫外線による老化は光老化ともよばれています。

紫外線に含まれるUV-Aは真皮層にダメージを与えるのでシワの原因にもなります。

紫外線ダメージはシワ以外にも色々な肌トラブルの元になるのでUVケアは重要です。

引っ張ったり擦るなど強い刺激や力を与えない

強くこすらない、引っ張らないなど、物理的な負担や刺激を与えないのも大切です。

とはいえ、私の場合はアレルギーがでたり目が疲れやすいので、ついついやってしまうこともあります^^;

笑うときの自分の表情グセに気をつける・・・ちょっと無理があるかも・・・

f:id:momiji1014:20170721152055j:plain

繰り返しつくシワがクセとして肌に残るので、ここを改善するのは確かに表情ジワを少しでも解消するのに大切なことなのですが正直難しいです。

 

会話中の笑顔も不自然さがでたりするので無理はよくないかと。私もときどきやってますが相手がどう思っているかは謎です^^;

 

割り箸くわえて笑顔の練習とかエクササイズもいいかもしれませんけど、やっぱりなかなか続きませんよね^^;

 

笑い方をクセにしてしまえばこっちのものなのでしょうが、未だそこに到達できません。

表情筋の動きに作用する成分を利用する

表情筋の収縮を抑えて表情シワを和らげる方法として、ボツリヌス菌から抽出した成分を利用したボトックス注射が有名です。

 

いまは家庭で使える化粧品に使われる成分にもボトックスと同じような働きをする成分があります。

 

ボトックスより効果は落ちますし即効性もないですが、副作用もないそうなので安心。

 

塗るボトックスとよばれる成分には、シンエイク、アルジルリン、アルジルリンと組み合わせて効果を高めるロイファシル、オクラ種子エキス(マイオキシール)等があります。塗るボトックス成分を配合したアイクリームも販売されています。

 

アイクリームは値段がそこそこお高いのが多いのですけど、アテニアのは買いやすい価格で量も多いのでコスパのよさも人気です。

目もとの悩みに1本で立ち向かう「アテニア アイ エクストラ セラム」

真皮層のコラーゲンを増やすのに効果的なケアをする

肌の弾力は、真皮層で網のように肌を支えているコラーゲンやエラスチン等が関係しています。

 

このコラーゲンやエラスチンが何かの理由によってダメージを受けても、新しいものと入れ替わってくれればいいわけです。

 

そのためにはコラーゲンを増やすのに効果的なケアが必要です。

 

もともと真皮層のターンオーバーはとても時間がかかるうえに、年齢とともにコラーゲンが作られるのも減るそうですから対策していきたいところ。

コラーゲンを増やすのに効果的とされる美容成分

コラーゲンを増やすのに効果的とされる美容成分は、ビタミンC誘導体や、レチノールがあります。

レチノールは線維芽細胞のコラーゲン生成を促す作用を持っています。

 

ただし、刺激を感じやすい成分でもあるので、目元は特に慎重に使ったほうがいいかもしれません。

線維芽細胞がコラーゲンを生み出すからココにアプローチ

真皮層のコラーゲンやエラスチンを生み出すのは、線維芽細胞という細胞です。

 

この細胞の力が弱るとコラーゲン生成能力も落ちてくるのだそう。

 

線維芽細胞を増やしたり、元気にするようなケアは、真皮層のコラーゲン生成に良いとされています。

線維芽細胞に効果的な成分

線維芽細胞に効果的な成分は、

  • ビタミンC誘導体
  • レチノール

などだそうです。

最近は、線維芽細胞への効果を狙ったアンチエイジングコスメも色々あります。

 

ビタミンC誘導体は効果を感じやすい成分だと思いますが、種類によっては刺激や乾燥などを感じやすくなるのがネックです。

 

敏感肌の場合だと刺激が少ないAPPSなどが人気です。

乾燥や刺激に強ければピュアビタミンCという選択もありかも

余談ですけど、私は夏場はビーグレンのCセラム(これはピュアビタミンC)という化粧品を使ってます。

 

やや刺激はありますがビタミンC誘導体より私は効果を感じやすく、肌がピンとして透明感もでてくるのでやみつき^^

 

肌は強くないので様子を見ながら使ってます。

 

自分の皮脂で荒れるので皮脂も抑えてくれて良いです。ただし紫外線対策はしっかりする必要があります。

 

でもやっぱり乾燥しやすいのでモチロン化粧水やクリーム、アイクリームやアイセラム(状態に合わせて使い分け)も使います。それでも乾燥&弱めの私には夏場しか使えないのが殘念ですね。

 

ちなみにビーグレンのアイセラムには表情ジワ対策成分も入ってます。アイセラム入りのトライアルは目元のケアのためのセットになっていてCセラムも入っています。 

kireitoseikatu.hatenablog.com

女性ホルモンからコラーゲン生成にアプローチ

コラーゲン生成には女性ホルモン(エストロゲン)も関係します。なのでイソフラボンを含む食品をとるのも肌のハリやたるみ対策にいいそうです。

 

ただし、イソフラボンの取り過ぎは禁物なので適度にがいいようです。

 

何にどれくらいのイソフラボンが入っているかの目安を知るには、こちらが判りやすいと思います。

www.fujicco.co.jp

目元の笑いジワ対策を簡単にするには?

目元の笑いジワの改善や悪化を防ぐには、

  • 真皮層にダメージを与えないようにする・守る(UVケア・乾燥ケア・刺激や負担をかけない)
  • 表情クセに気をつける

これらのことを心がけると良いみたいです。

 

表情ジワにいい成分や、真皮層に働きかけるような成分が入ったアイクリームでケアするのが簡単ですし、乾燥ジワに防止にも良いです^^

 

ハリや弾力ケアに効果的な美容成分やアイクリームについては、こちらの記事にまとめています。 

kireitoseikatu.hatenablog.com