読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代からのアンチエイジング&ライフ

40代主婦がアンチエイジングと生活に関することを書いてます。肌はやや弱め、エタノール多め化粧水は苦手。

目の下の膨らみに効果的な成分とアイクリーム

目元(目の周り)の悩みやエイジング対策 アンチエイジング

今回は目の下のアイバッグともよばれる膨らみに効果的な成分についてです。

私も20代から目の下にぷくっとした部分ができて、当時はいじったらダメと知らずにグイグイ押し込んでみたり、コラーゲン入りコスメを塗ってみたりした覚えがあります。

ずっとあとに、強く押すのはダメで、コラーゲンを塗っても治らないと知り、最近は軽くエクササイズをやってます。真面目に続けるとやや効いている気がします。涙袋も普段よりふっくらするような。サボるとすぐ戻りますけど。

エクササイズ+アイクリームを使いだしてハリが出てきたのか、以前より良くなった気がしているものの、このぷくっとした部分にいい成分はないのかな?という気持ちは拭いきれませんでした。

最近知ったのですが、目の下のぷっくりに効果的な成分があるそうじゃないですか! よくあるハリや弾力のための成分ではなく、流れをよくするものらしいですよ^^

目の下のたるみ(水分たまりによるもの)に効果的な成分

  • アセチルテトラペプチド-5(アイセリル)

目の下のふくらみのたるみに効果的とされるのは、アイセリルというペプチドです。

化粧品の成分表示にはアセチルテトラペプチド-5と表示されているみたいですね。

アセチルテトラペプチド-5(アイセリル)が目の下のたるみに効果的な理由

アセチルテトラペプチド-5(アイセリル)はペプチドの一種で、血流をよくする効果があるそうです。

目の下のたるみには、水分たまりと脂肪たまりの2種類があるといわれますが、アセチルテトラペプチド-5(アイセリル)水分たまりによる目の下のタルミに良いとされています。

流れをよくするので、目の下の黒クマなどにも良いそうです。

化粧品に配合されているペプチドとは?

ペプチドはアミノ酸が連なってできている成分で、それぞれに効果をもつ20種類ほどのペプチドがあるそうです。 クセじわの原因になる表情筋の動きを抑制するシンエイクやアルジルリン等もこのペプチドと呼ばれるものの一種です。

目の下のたるみに効く成分配合のアイクリーム

目の下のたるみやハリ不足に効果的とされるアイセリルを配合したクリームがあります。

アイセリル配合のアイクリーム

アイセリルは流れを良くするような感じですけど、ハリ不足のたるみケアにはコラーゲン生成を促すような成分がいいそうです。

目の下のたるみケアも早いうちにはじめたほうがいい

私の場合は水分たまり+脂肪たまり、そして筋肉や真皮の弛みもあると思います。

左目の下のタルミはアラフォーくらいから気になりだして、右目の下は20代から膨らみが目立つんですけど、右目はたぶん脂肪たまりなんだと思います。原因は若い頃に目が痛くてグイグイ押したり、痒くてゴシゴシこすっていたせいに違いない!と思ってます…あの頃の自分が恨めしい!

目の下のたるみは手強いですから、目元に強い刺激を与えず悪化を防ぐのはもちろん、なるべく早いうちからケアしておくと良いのかもしれませんね^^

【関連記事】
目の下のハリやタルミにおすすめ成分
アンチエイジングアイクリームの選び方【シワ編】