40代からのアンチエイジング&ライフ

40代主婦がアンチエイジングと生活に関することを書いてます。肌はやや弱め、エタノール多め化粧水は苦手。

目の下の乾燥じわ・小ジワ対策に効果的な成分や化粧品は?

目の下の乾燥じわを何とかしたいけど、普通のお手入れで対策になる??すぐ乾くし・・・。

f:id:momiji1014:20170110193418j:plain

40代前後からは油分だけで目の下の乾燥じわ対策はできません。加齢やダメージで衰えた保水力のサポートが必要です。

しつこい乾燥や小じわ対策に、保水力がある成分をご紹介します。

目の下の小じわの原因は?改善できる?

薄くて乾燥しやすい目の下は、ちりめんジワや小じわができやすい部分です。

乾燥しやすいタイプでも、若いうちはお風呂に入っただけで消えやすい乾燥じわ。でも残念なことに、年齢とともに消えにくくなってしまいがち。

乾燥ジワは、その名の通り乾燥が原因の浅いしわ。

ごく浅いしわは、しっかり保湿を続ければ改善できるといわれています。

そのためには、まずは目の下の乾燥を防いで潤い不足を改善することが大切です。

乾燥じわが大じわになっていく?

ごく若いうちは乾燥ジワは気にしなくてもいいものの、年齢を重ねてから小じわを放っておくとだんだんと深いシワになっていくそうです。怖いですね...

ちなみに逆の説もありまして、『乾燥ジワは表面の問題できちんと潤えば戻るもので深くなるシワとは別物』という風な説もあります。

どちらにせよ乾燥を放っておけば、肌の奥の大事な真皮層もダメージを受けやすくなります。

f:id:momiji1014:20170629120111j:plain

それは肌老化にもつながるので、乾燥ジワが大じわに進行するしないの真偽に関係なく、乾燥対策はするべきです。

しつこい乾燥対策に必要なのは油分だけじゃない

だからといって、乾燥しないため油分を目の下にたっぷり塗る・・・というのはちょっと違うそう。

潤うには角質層で水分を保つ力が重要で、表面の油分の潤いを保つ力の働きは意外と少なめなんです。

乾燥しやすい部分には、保水力のある成分が足りないのかもしれません。

保水力の高い成分が必要な理由

年齢とともに乾燥を感じやすくなるのは、角質層に水分を留めておく成分の生産量が減ってしまうことが関係しています。

いくつかの成分が角層の潤いを保つ働きをしていますが、なかでも役割が大きいのは肌の新陳代謝の過程で生産されるセラミドという成分です。

セラミドが加齢で減る理由は、だんだんと肌の生まれ変わる速度が遅くなって生産量が減ってしまうからといわれています。

油分を補うだけじゃ潤いづらい理由

肌は潤いを保つ働きを元々持っていますが、そのなかで皮脂の役割は2割程度なのだとか。

とはいえ、一般的に40代は皮脂も若い頃より少なくなりますし、油分が足りなければ補うことがもちろん必要です。

でもまずは肌の角質層内で水分をつかまえてくれる成分が必要。内部で水分を保てないと、スキンケアをしても乾燥をすぐ感じやすくなります。

保水力の高い美容成分は?

肌の水分を留める成分はいくつかありますが、代表的なものはさきほどでてきたセラミドです。

セラミドは肌のターンオーバーが遅くなると減ってしまいますが、外から補給しても保水力を発揮する成分です。

目の下の乾燥じわの改善をしたいなら、まずはセラミド入りの化粧品を試してみると潤いを感じられるかもしれません。

セラミドの種類。どのセラミドが馴染みやすい?

セラミドには、

という種類があります。

このなかで刺激を感じにくくて潤いを感じやすいのは、ヒト型セラミドです。バイオセラミドとも呼ばれます。

人の肌のセラミドと同じ構造で、馴染みやすい特徴を持つとされています。

他のセラミドや疑似セラミドが悪いというワケではないです。合う人には良いでしょうし、評判がいい商品もあります。

でも私はあまり効果を感じません。

ヒト型セラミドの種類

セラミドのなかのヒト型セラミドにも種類がありまして、それぞれに作用が少し違います。

実際に人間の肌に存在するセラミドの種類はかなり沢山あるみたいですが、化粧品成分のヒト型セラミドで化粧品に入ってることが多いのは以下のタイプ。

セラミドは名称が変わったので()内のようにアルファベット表示されていることもあります。