40代からのアンチエイジング&ライフ

40代主婦がアンチエイジングと生活に関することを書いてます。肌はやや弱め、エタノール多め化粧水は苦手。

【アンチエイジングアイクリームランキング】&目元化粧品の選び方や悩み別成分

アンチエイジング向けのおすすめアイクリームでトライアルサイズやお試し価格があるものを中心に、私が良いと思ったものをランキングにしてます。ちなみに管理人は40代です。

市販コスメも通販コスメにも沢山のアイクリームや目元用美容液があって、選び甲斐はあるけど迷ってしまう方も多いのでは?と思います。私もその一人ですが^^;

そこで、こんな部分をチェックしてみては?というポイントと、参考までに管理人のアイクリームランキングをまとめてみました。

40代管理人のアイクリーム・目元美容液ランキング

ここから管理人の選んだアイクリーム・アイセラムのランキングです。

年齢とともに目の上の悩みも増えてしまいがちなので、上瞼ケアにもいいと思ったものを基本的に1位にしてます。

上瞼は普通のスキンケアで問題ないけど、目の下のたるみや皮膚やせが気になる・・・という場合は、レチノールやビタミンC誘導体配合のアイクリームを使うと肌のハリ対策にいいかもしれません。

※商品や支払い方法によっては手数料が必要な場合もあります。各自ご確認下さい。

1位ミューノアージュ リペアアイクリーム

リペアアイクリーム

【成分ピックアップ】

◎アセチルテトラペプチド5(アイセリル)・・・血行やリンパの流れ促進。目の下の水分たまりに良いとされています
◎アセチルヘキサペプチド8(アルジルリン)・・・表情筋の過剰な収縮を抑制。塗るボトックス成分の元祖的成分で笑いジワケアなどに使われることが多い
◎ヘキサペプチド11・・・紫外線ダメージのケア
◎オリゴペプチド6・・・ハリを与える
◎ヒトオリゴペプチド24・・・ヒアルロン酸に関与
◎ヒトオリゴペプチド13・・・弾力アップ
◎ヒトオリゴペプチド1・・・エイジング対策に注目の美容成分

【アイクリームについて】

目の下のたるみにつながる水分たまりやくま対策に効果的とされるアイセリル(アセチルテトラペプチド-5)高配合のアイクリーム。
上下のまぶたに使えます。

アイセリルは、血流やリンパの流れを促進し、水分たまり対策に良いとされています。むくみやすいタイプだと、重みからのまぶたのたるみ、下まぶたの膨らみなど気になりやすいかもですね。

アイセリルの他にも、しわ対策成分で塗るボトックスのひとつのアルジルリン(アセチルヘキサペプチド-8)など、エイジング対策のためのペプチドが全部で7種類配合。

【使ってみた感想】

期待以上に働いてくれて満足なアイクリーム。使い始めて数日で目元がスッキリしてきた気がします。細かい乾燥シワも少しずつ目立ちにくくなってきたように思います。

目の下のたるみ対策に良さそうと思ってましたが、実際使ってみると上まぶたケアにも良いと感じています。お酒を飲んだ翌日も以前より瞼が軽いような・・・(飲む量にもよりますが^^;)。

目の上の窪みが気になるタイプよりも、上瞼のムクミや重みからのたるみタイプに向いてるかも。(私はやや奥二重です)

伸びがいいのでトライアルサイズでも長く使えそうな予感。目に入っても特に刺激は感じません。

上まぶたにも使えるので、総合的な目元のエイジングケアに使えるアイクリームです。それほど重くないので私の場合は真冬以外は使えそう。

【ココはイマイチ】

匂いがイマイチ。ずっと気になるほどではないですが、化粧品というより薬品っぽい匂いが塗ってすぐはします。

【トライアルセット内容】

トライアルサイズのアイクリーム1本

※私が注文した時は、アイクリームのパウチ2包(最初は多めに使うほうがいいそうで、そのための分がついてました)が付いてましたが、これがトライアルにずっと付くかは不明です。

【トライアル価格】

980円(税込み・送料無料)

※一時期は品切れで本商品になってましたが、現在トライアルサイズが再販されています。

▼公式サイト▼

【MUNOAGE リペアアイクリーム】

▼レビューはこちら▼

ミューノアージュ リペアアイクリームの感想

2位アヤナス アイクリーム コンセントレート

アヤナスアイクリーム

【成分ピックアップ】

◎バルマリン・ヴァイタルサイクルヴェール・・・バリア機能強化
◎コウキエキス・・・抗炎症効果
◎ジンセンX・・・血行促進
◎ローズマリーエキス・・・メラニン生成抑制
◎コンドロイチン・・・保水効果
◎CVアルギネート・・・コラーゲン産生効果

【アイクリームのレビュー】

敏感肌向けブランド【ディセンシア】のエイジングライン“アヤナス”のセラミド2配合アイクリーム。トライアルセットに含まれるアイクリームで試せます。低刺激でまぶたに使っても大丈夫でした
濃厚な使い心地で乾燥した空気のなかでも目元が乾きにくく、瞼に使っても低刺激なアイクリームです。ビーグレンと比べると、効果を感じるまで少し時間が掛かりますが、乾燥した室内や寒い時期のあのイヤなツッパリ感が無いのがいいです。
私の感じた変化としては、アヤナスはふっくら明るい目元に近づく気がします。コンドロイチン配合。濃厚なので乾燥しやすい時期におすすめ。

【トライアルセット全体の感想】

エイジング対策の基礎コスメにセットのアイクリームだったので、ライン使いでの感想も書いておきたいと思います。

トライアルセットを使って変化を感じるまでは数日かかりましたが、肌がふっくらして潤い、顔色が内側から光るように明るくなる気がします。あと、暖房のなかでの乾燥感の無さ、これまでに使ったコスメの中では一番かも。

エイジング向けなので、弾力ケア成分も配合されていますし、敏感肌にありがちな微弱炎症にも着目されています。年齢とともに黄ぐすみが気になっているので糖化ケアできるのも嬉しい。

香りがよくて幸せな気持ちになります。

【アヤナスライン使いのココはイマイチ】

アヤナスはラインで使うと濃厚なので、乾燥しつつ皮脂が多くて毛穴が詰まりやすい私には、暖かい季節に全部使うと吹き出物ができる予感がします。

化粧水+クリームで丁度いいかもしれない。アヤナスの美容液(乳液っぽいタイプ)は糖化ケアができるので使いたいけど・・・。

【アヤナスのココは良かった!※その後の追記】

本格的に寒くなってきた時期に体調を壊し、肌も一気に乾燥が進み、久しぶりに皮脂は出るわ粉は吹くわな状態に…。しかも頬は荒れてうっすら赤みが出始めました。
ビーグレンに手持ちのセラミド美容液を足してもダメで、何を使っても乾燥する…と困っていたところ、少しだけ残っていたアヤナスのトライアルの化粧水とクリームを思い出して使ってみました。
すると、全然乾燥を感じず、翌日はほとんどツルツルに!アヤナスの効果を実感しました。さすがポーラ・オルビスグループ。
体調や環境の影響を受けやすいので、面倒でも、肌の調子や季節に合わせてスキンケアを変えなきゃダメなのかもですね。
というわけで、乾燥を感じやすい敏感肌さんの冬のお手入れにオススメです。アヤナスを一度試してみる価値はあるかも!

追記の追記:本商品の化粧水を買いました。クリームはトライアルのをちびちび使ってます。

【トライアルセット内容】

化粧水・美容液・クリーム・アイクリーム(パウチ1包)

【トライアルセット価格】

1480円(税込み・送料無料)

▼公式サイト▼

敏感肌ケア×エイジングケア<<アヤナストライアルセット>>のお試しはコチラ

▼レビューはこちら▼

アヤナスアイクリーム入りトライアルの感想

3位トータルリペアアイセラム

トータルリペアアイセラム

【成分ピックアップ】

◎アイリジェナー・・・コラーゲン分解酵素MMP-1を抑制
◎シンエイク・・・表情筋の過剰収縮を抑える
◎スキンミミックス・・・バリア機能や保水力アップ
◎α-グルコシルヘスペリジン・・・細胞活性化
◎コラーゲン・ヒアルロン酸・・・保湿効果

【目元ケアセットのレビュー】

ビーグレンのトライアルは目元ケアに適したアイテムがセットになっています。

笑いジワや乾燥、くすみ、まぶたケアなど総合的な目元ケア向けのアイセラムは、複数セラミドその他を含むスキンミミックス配合です。

セットで使って3日目のスッキリ明るい目元に肌の変化に感動すら覚えました。目元も含めてトーンが明るくなってキメが整いビックリ!見た目年齢が変わった・・・!アカ抜けた肌になりました^^乾燥する時期は私には保湿力が足りないのが残念。

これがワタシの運命コスメなの?!と思い、トライアル購入後に思い切ってライン購入。でも真冬は乾燥に勝てずに断念。肌への効果はしっかり感じたので合う人には良いと思います。

【目元ケアセットのここはイマイチ】

私の場合はアレルギーの状態によっては目にじわじわ入ると刺激を感じることもあるので、できるかぎり低刺激を求める人にはアヤナスとか敏感肌向けのほうがいいかもしれません。

ビタミンCコスメのCセラムは刺激を感じることがあるのと、乾燥しやすくなるので、目の上には使わないほうがいいかも。

【その後の追記・・・真冬の乾燥には勝てず】

乾燥するときはセラミド美容液を足したりしつつ使い、年末くらいまではすごく良かったです。

でもだんだん寒さが厳しくなり暖房などで乾燥しやすくなると、私の乾燥で荒れやすい肌には潤いが足りませんでした。

よかったときの効果が忘れられないので、肌に合う人にはよいアイテムだと思います。

【トライアルセット内容】

洗顔料・ローション・ビタミンC美容液・クリーム・アイセラム

【トライアルセット価格】

1800円(税抜・送料無料)

▼公式サイト▼

▼目元ケア トライアルセットについて▼

目元ケア トライアルセット詳細ページ


▼トータルリペアアイセラムについて▼

トータルリペア アイセラム

▼レビューはこちら▼

ビーグレン目元ケアトライアルセットの感想

4位【目の下専用アイショット】アイキララ

20170117165420

【成分ピックアップ】

◎MGA・・・コラーゲンサポート。ハリに内側から働きかける。ビタミンC誘導体はあらゆる肌悩みに人気の成分

【商品特徴】

目の下専用のアイクリーム。加齢によって肌のコラーゲン減少などが起こると、肌が薄くなる肌痩せが目立ってきて弾力やハリが低下。それによって目の下のたるみや影が目元を老けて見せてしまいます。
アイキララはコラーゲン生成に良いとされるビタミンC誘導体MGA配合。加齢による目の下の肌痩せにアプローチすることを目的としています。

【ココはイマイチ】

目の下専用ということで、まぶたケアもしたい人には向かない(目の上も使えるそうですが目に入ると刺激がありそう)。

【単品購入価格】

2980円(税抜・送料別途
支払い方法によって手数料が必要な場合あり

【定期購入価格(毎月1本の場合)】

2682円(税抜・送料別途
支払い方法によって手数料が必要な場合あり

▼公式サイト▼

アイクリームの選び方やチェックポイント

アイクリーム選びに迷ってる女性

アイクリーム選びに迷ったら、以下のような部分をチェックしてみると、何も基準がないよりは選びやすくなると思います。

1.目元の悩みに効果的な成分がされてる?【それぞれの成分配合の通販アイクリーム例アリ】

アイクリームも千差万別。イメージだけで選ぶと、油分が多いだけとか、保湿効果もイマイチだったりすることもあります。

目の周りの乾燥が気になるなら?

乾燥が気になるならヒト型セラミド配合のものが一押し。

でも値段的には少し高いものが多い印象があります。原料が高めらしいので仕方ないともいえますけど^^;

アヤナスはセラミド2とコンドロイチン配合で濃厚なので乾燥対策には良いと思いました。

もし目元の乾燥による小じわをメインにケアしたいなら、セラミド入りや効能評価試験済みのアイクリームを使う方法もあります。

参考記事↓
kireitoseikatu.hatenablog.com

目尻などの笑いジワが気になるなら?

笑いジワが気になるなら、筋肉をリラックスさせる作用がある、塗るボトックス系成分配合のものを試してみるのもいいかも。塗るボトックスと呼ばれる成分には、シンエイク・アルジルリン・オクラ種子エキスのマイオキシノール等があります。

目元のシワを攻め気味にケアしたい場合は?

コラーゲン生成促進系の成分がいいとされます。肌がふっくらすれば弾力でシワ対策にも期待できるということみたいです。

ビタミンCとか、レチノール配合コスメが人気です。

レチノールはピーリング効果やターンオーバーを整え、コラーゲン生成にも良いとされています。

ただし、刺激や乾燥を感じたり、乾燥が激しくなることもあるので要注意。乾燥が悪化するとシワケアどころか逆効果ですよね。

まずは少量から試したりパッチテスト等をおすすめします。なるべくなら上瞼には使わないほうがいいかも。

紫外線に注意するなど、使う際は使用上の注意などをよく読むことをおすすめします。

私はレチノールコスメはふっくらハリ感がでて好きですが、続けて使うと乾燥して刺激に弱くなるので、ごく短期間だけ使うようにしてます。

使ったことないですけど、プチプラコスメにもレチノール入りアイクリームがあります。

あと、やっぱりポーラのシワ対策アイクリームのリンクルショットメディカルセラムは気になりますよね。

お値段が高いのと(20g ¥16,200(税込))、通販はナシでポーラのお店でのカウンセリングを受けて販売なので非常に買いにくいのがネックですが、抵抗が無い方はカウンセリングを受けてみてはどうでしょうか。

目の下のハリやタルミが気になるときは・・・?【たるみには『肌のたるみ』『筋肉のたるみ』がある】

目の下のたるみは気になりますよね。

セルフケアでどこまで改善できるかはわかりませんが、とりあえず自分にできることをするしかないですよね^^;


たるみには、肌のたるみと筋肉のタルミがあります。

筋肉がある程度たるんでしまうと、いっしょに肌も引っ張られてたるむんじゃないかなぁ・・・と思ってるのですが、どうなんでしょう?

あと、脂肪が多いと重みでたるんでしまう傾向があるみたいです。それでも若いうちは支えも効くし、戻りやすいんでしょうけどね。

まずは肌のたるみ向け成分からいきます。

肌のたるみによる目の下のたるみ対策成分は?

肌のたるみは、コラーゲンやエラスチン減少などが原因です。

真皮層の弾力が低下している状態なので、この弾力のもとになるコラーゲン等を増やす必要があるとされています。

肌のコラーゲン減少などによる肌のたるみには、先程出てきたレチノールやビタミンC誘導体などのようにコラーゲン生成をサポートしたり、弾力成分を生み出す線維芽細胞に働きかけるような成分配合のものがいいとされています。

レチノールやビタミンCのように刺激的な成分以外にも、線維芽細胞にアプローチする成分はありますし、企業の独自成分を配合している場合も多くあります。

大手ブランドのアイクリームだと効果に関しての記載は控えめで判りづらいですが。

目の下のふくらみが気になる

目の下のふくらみは、脂肪たまりと水分たまりがあるそうです。

水分たまりによる目の下のふくらみが気になる場合は、水分たまりに働きかけるとされるアイセリル配合のアイクリームを使ってみるという方法もあります。

水分の取りすぎでも目袋に影響するらしいので、夜の水分量を減らしてみるのもやや効果ありましたよ(私の場合はアルコール量ですが^^;)。

アイセリル配合アイクリーム→【MUNOAGE リペアアイクリーム】

脂肪たまりはセルフケアでは難しいので、美容外科などに相談するのが良いみたいですよ。

でも少しでも・・・という場合は、重みを支えるために肌も表情筋もケアしたほうがいいかなと思います。あと、気にしていじらないことも大事かなと思います。

表情筋の衰えによるたるみ

筋肉の衰えによるたるみには、エクササイズや筋肉に働きかける系の美顔器がいいようです。

美顔器に興味がある→たるみ対策美顔器について

とはいえ、美顔器は面倒、初期費用が高め・・・というのがネックですね。

もし化粧品でアプローチしたい場合は、表情筋からのたるみ対策成分のDMAEがあります。

DMAEとは?

人の脳の中でつくられる必須脂肪酸の一つでDHAやEPAと同様に魚に多く含まれる成分です。
DMAEはアセチルコリンの生成を促し、神経伝達を活性させることが知られています。
さらに高い抗酸化作用により紫外線などのダメージから守り、肌の老廃物の排泄を促進させ、有効成分の吸収を高めます。
ドクターソワ公式サイトより

アセチルコリンというのは、表情筋を動かすための神経伝達物質。年齢とともに減ってしまう成分です。

このアセチルコリン生成を促すDMAEが、表情筋のたるみへアプローチするイメージは・・・

アセチルコリンを補う→筋肉への働きかけが活発に→顔の筋肉の収縮を促し→ハリアップ→使い続けることで定着を期待

こんなイメージのようです。

ここではDMAE配合の美容液を例にあげます。

【DMAE配合アイテム】

モイストリフトプリュスセラム


塗るだけで筋肉に働きかけるDMAE配合のセラム。毎日続けることで肌のハリ・たるみをケア。
アイクリームではなく部分使い用セラムで、目元のたるみの他、ほうれい線対策にも使えます。耳の後ろに塗ると顔のたるみ対策に効果的らしいですよ。保湿力等はあまり期待せず、たるみ対策に特化していると考えたほうがいいかも。
アラフォーとなるとたるむのは目元だけじゃないですし、美顔器はスペシャルケアで、こちらは毎日のケアという感じですね。

目の下のくまに良い成分の前にくまの見分け方

f:id:momiji1014:20170111113838j:plain

目の下のくまは種類があって紛らわしいんですよね。

この見分け方としては、

上を向いて消えたり目立たなくなるのが、たるみからできる影くま
皮膚を少し引っ張ると目立たなくなるのが青くま
上を見ても皮膚を伸ばしても変化がないのが茶ぐま

だそうですよ。

あと、もともとの形状的にクマが目立ちやすいタイプもいるそうです。
これはセルフケアでは難しいと思います・・・。

目の下の青くま・青黒いくまが気になるなら?

青くみえる青クマは、元々の肌の透明感や皮膚の薄さなどが関係しているため、改善は難しいようです。

血行不良からの青黒いくまは、目の周囲の流れを良くする成分が良いとされます。アイセリルもその一つです。

化粧品だけで血行不良からの目の下の青黒いくまの改善は難しくて、体全体の血行不良や睡眠不足などの原因を改善することが必要なようです。

余談ですけど、私の場合は若い頃より透明感が失われてきたせいか、目の使い過ぎや寝不足の時には青黒いクマではなく、目の下が黒っぽく見えるような気がします。

自分の周囲の同じ世代の人も、寝不足で疲れてるときは目の下が黒っぽく見える人が多いです。

影くま(黒くま)に効果的な成分

加齢によるたるみやシワの凸凹の影で目の下が暗く見える黒クマは、コラーゲンを増やして肌にハリや弾力をもたすケアが良いそうです。アイキララは皮膚が薄くなる皮膚痩せからのたるみやクマ等もケアできます。

茶色ぐま(色素沈着によるシミ)に効果的な成分

刺激でできやすい色素沈着による茶色ぐまは、ビタミンC誘導体などの美白成分でケアするのがいいそうですよ。

ビタミンC誘導体入りのクマ対策アイクリームもあります→老け顔の原因【目元のたるみ】解消クリーム『アイキララ』

敏感肌だと刺激が気になるところですが、アヤナスのアイクリームは敏感肌の慢性的な微弱炎症からの色素沈着対策にもよいです

目の下のハリ対策やくまに効果的なビタミンCやビタミンC誘導体!

ビタミンCやビタミンC誘導体は色々な悩みに効果的です。

目元向けは低刺激なタイプが使われていることが多いようです。でも刺激を感じる可能性も無いとは言えないので注意。

2.刺激は大丈夫?

基本的にアイクリームは低刺激ですが、配合成分や敏感度によって刺激を感じる可能性もあります。

乾燥が激しい場合は低刺激なもの保湿メインなものを

乾燥が激しいときは刺激に弱くなっています。

そんなときは、刺激が心配な成分はおすすめできません。

肌状態が良くなってから少しずつ試してみてはどうでしょうか?

低刺激なアイクリームなら敏感肌向けブランド

低刺激なアンチエイジングアイクリームを探しているなら、アヤナスのような敏感肌ブランドのアイクリームがいいかもしれません。

3.浸透・持続する工夫がされてる?

目の周りの皮膚は薄いので、効果的な成分も効果を発揮しづらい傾向があるようです。なので角層に浸透して長く効果が続くほうが、肌への作用が期待できるみたいです。ビーグレンのアイセラムは浸透と持続の技術が利用されています。

4.クリームと美容液、どっちがいい?

クリームのほうが守られてる感はありますが、油分が苦手だったり、軽い使い心地がいいなら美容液のほうが軽いです。

そしてどちらのタイプにも、軽め~重めがあります。使う人の感覚や皮脂量なども関係するので、一概にどっちがいいとは言えない面もあります。

25歳位から皮脂量も減ってしまい、40代は若い頃と比べてだいぶ少なくなるようなので、そのあたりも考えて選ぶといいかと。

ちなみに私は普段は、ややクリームに近い美容液タイプのアイセラムを使ってます。

それはヒト型セラミド配合なのでそこまで乾燥は感じませんが、やっぱり空気が乾燥している時などはクリームのほうがより乾燥を感じにくくなります。

ただ濃厚なタイプのアイクリームだと、なんとなく朝のケアには使いたくないと思ってしまいますね^^;朝と夜で目元ケアを使い分ける方もいるみたいです。

自分にピッタリのアイクリームやセラムが見つかるといいですね。

この記事で現在の一番人気はトライアルサイズのコチラ↓