40代からのアンチエイジング&ライフ

40代主婦がアンチエイジングと生活に関することを書いてます。肌はやや弱め、エタノール多め化粧水は苦手。

インナードライにヒアルロン酸よりセラミドがおすすめな理由と化粧品

手軽に買える安い化粧品にも入っていることが多いヒアルロン酸。

ドラッグストアでも手に入りやすく配合化粧品の種類も豊富ですよね。


けれどもインナードライの改善をヒアルロン酸メインでするのは、たぶん難しいんじゃないかなと思います。


私自身も若い頃から『ヒアルロン酸で高保湿』みたいな化粧水をいくつか利用したことはありますけど、思ったほど乾燥が改善された覚えがないんですよね^^;。

ある程度、肌の潤う力がある人はいいのかもしれませんけど。


ちなみに私がインナードライ改善に使ってみてよかったコスメはこちら。

インナードライ対策に効果を感じた化粧品ランキング

ヒアルロン酸の保湿力は高いけど…


ヒアルロン酸は1グラムで6リットルの水を保つ力があると言われています。6リットルといえば2リットル入りペットボトルが3本!


f:id:momiji1014:20171115111716j:plain


すごい保水力ですよね。


ヒアルロン酸には種類があります。


  • ヒアルロン酸Na・・・肌表面の保湿に優れている
  • 加水分解ヒアルロン酸(低分子ヒアルロン酸)・・・表面の保湿と角層の保湿に効果的
  • アセチルヒアルロン酸(スーパーヒアルロン酸)・・・表面の保湿と角層への水分補給に効果的。保水力が高い


トロミがあってべたべたしやすいのはヒアルロン酸Naで、低分子ヒアルロン酸やスーパーヒアルロン酸はベタつきが少なく角層の保湿にも効果的なのだとか。

この3つが入ってトリプルヒアルロン酸配合!みたいな化粧品もあります。


ただ、もともとヒアルロン酸は角層ではなくもう少し奥の方の水分を保つ働きをする成分なんですね。

なので、優れた保湿力が効果的なのは確かですが、肌の角層に存在する成分で潤うのとはちょっと違うと思います。

角質層のすきまを埋めることで潤いを保つにはセラミドが必要


角質層はレンガのように角質細胞が積み上げられてできています。

この角質細胞に隙間があると水分が逃げやすく乾燥がすすむとダメージに弱い状態になっていきます。


f:id:momiji1014:20170629120111j:plain


角質層の隙間を埋めているのは細胞間脂質というものです。

この細胞間脂質で水分を保っているのがセラミドという成分。セラミドはターンオーバーの過程で産み出されますが、加齢で生産量が減っていきます。


そこで、セラミドと似た作用があるもの、セラミドと同じように働くものを補ってあげることで、肌の潤いを保つ力が効率よく上がるようです。


ヒアルロン酸も保湿に優れていますが、やっぱり本来角層に存在するものと近いほうが馴染みがよく、足りないものを補いやすいというイメージでしょうか。


セラミドなどの保湿成分が少ない肌はバリアが弱く、外からのダメージに弱いだけではなくて見た目もなんとなくしぼんだ感じになります。

若い頃は肌そのものがパーンとしていて判りませんが、年令を重ねていくと乾燥して肌がシュンとしぼむのがハッキリわかります。


乾燥って肌の見た目だけに問題が起こるわけではないんです。


乾燥した肌は弱いのでちょっとしたことがシワにつながりやすいといわれていますし、紫外線などの外部刺激に弱いうえにターンオーバが乱れやすくシミもできやすくなるという困った状態です^^;

自分の肌のセラミドを増やす効果成分の化粧品がある


セラミドを外から補うのではなく、自分の肌のセラミドを増やすことはできないかと考えることはあるかもしれません。

自分の肌のセラミドを増やすことはできると言われています。


セラミドを摂ってもそのまま肌のセラミドにはなりませんが、小麦や大豆などに含まれるグルコシルセラミドという成分を摂り入れることでセラミド生産を増やすことにつながるそうですよ。

グルコシルセラミドが含まれる食品は牛乳やコーヒーなど日常的に利用する食品にも多いみたいです。


・・・なのですが、必要な量のグルコシルセラミドを取り入れるためには大量の食べ物が必要になるそうなので毎日は大変^^;

ご飯で摂るなら20杯以上必要とかムリです。

生芋コンニャクはセラミド豊富で100gで比較的量は少ないですけど、毎日食べるって難しくないですか^^;

効率的なのはセラミドのサプリですが、 毎日のスキンケアで使える成分でセラミドを増やすこともできます。


セラミドを増やす化粧品成分はいくつかありますけど、私のおすすめはてっとり早くて効果も認められているライスパワーエキスです。

ライスパワーエキス№11はセラミドを増やして水分保持能を改善することが認められています。


1週間で40%セラミド量がアップしたという結果もあるみたいです。

補うセラミドから生み出すセラミドへ ライースリペア詳細ページ


ライスパワーエキス入りの化粧品はいくつかありますが、エタノールが苦手な私には少々エタノールがきついなと感じるものが多いです。

過去に使って効果は感じたものの、エタノールで赤みがでてしまった経験からライスパワー化粧品はずっと敬遠してました。


でも効果があるという人が多いですし、たしかに肌の整い方が他とはちょっと違ったのを覚えてます。


なのでダメ元で使ってみたんですが、私が使った中で一番エタノールの影響を感じないのはライスパワーエキス開発元の化粧品でした。

エタノールの香りは最初に感じますが、肌に染みるとかはありません。


ライスパワーコスメは若い世代向けからエイジング世帯向けまでありますが、こちらはエイジング対策にもメリットがあるように感じています。


見た時の肌印象って大きくって、潤ってキメが整い毛穴が目立たなくなるだけで違うんだって実感しました^^

kireitoseikatu.hatenablog.com