40代からのアンチエイジング&ライフ

40代主婦がアンチエイジングと生活に関することを書いてます。肌はやや弱め、エタノール多め化粧水は苦手。

肌を擦らないように意識したら肌のたるみや毛穴目立ちに効果があった話

『洗顔のときに肌は擦ってはいけない』って美容雑誌とかネットの美容情報でもよく見ますよね。


擦ることで肌表面が荒れたり、乾燥しやすくなる、シミの原因になるといわれています。

これを最近しみじみ実感したことがありました。

肌を擦ってたつもりはなくても自分で気づいてないこともあるかもしれない


もちろん、これまでも肌を擦らないように注意していたつもりです。


f:id:momiji1014:20170110193350j:plain


洗顔の時もネットを使ってしっかり泡立ててましたし、すすぐときもなるべく手が触れないようにしてました。

でも時々洗い終わったあとに微妙にヒリヒリするなぁって思っていたんです。


肌に手が当たってた気はしないんですけど、手と肌の間に泡があるのを感じながらクルクルと手を早く動かしてました。

そういえば昔、友達に頼まれて体験に行ったエステで「手の動かし方が早い!」って怒られたっけ・・・。


先日、気に入ってた石鹸が急に合わなく痒くなりだしたので、とりあえず家に余っていた美容石鹸に変えました。

いつものようにネットで泡立てると、すごく泡が緩いんです。


水分を切って泡立てると何とか固めの泡ができるものの、クッション性が弱いというか泡が壊れやすいんですね。


洗おうと少し力を入れるだけで泡が壊れて手が肌にペタッとついてしまいます。

手に力が入りやすい私はそれまでと勝手が違って二日くらい苦戦しました^^;


しっかり泡を作っても少し抑えると壊れてしまうので、以前より手の力を抜いてゆっくり、肌に手が触れないよう注意して洗うようになりました。


そしたら翌日には毛穴の目立ちが半減してキメがいつもより整い、数日後には心なしか肌がふっくらしたんです!

たったあれだけのことで?って驚きました!


若いころは、もこもこ泡での洗顔って洗った気がしない・・・とか、優しく洗おうが別に肌に変化ないって思っていましたけど、アラフォーの今の肌にはハッキリ効果がわかりました^^;


これまでは微妙に手が触れて擦っていたんでしょうか。

ヒリヒリするのは寒くなって乾燥しやすくなったせいかと思っていましたが。でも泡にクッション性があるため安心してて雑になってたのは確かです^^;

自分ではたいして擦ってないと思ってても肌に負担になってることは意外と多いかもしれない


日常生活で気づかないうちに肌表面を擦ってしまうことって結構あると思います。


どうしても肌を擦ってしまいやすいのは、洗顔の時、顔をふくとき、メイクをするとき、ではないでしょうか。

それほど擦ったつもりはなくても、それが毎日続くとダメージが蓄積していったり、肌が弱いタイプにはとくに負担が大きいのかもしれません。



擦ると肌表面が荒れやすく乾燥につながります。そうすると肌バリアが低下して外部からの刺激を受けやすくなります。

それはコラーゲンなどの弾力繊維を痛めることにもつながるので注意が必要です。

擦ることはシミや肝斑悪化の原因にもなる


毎日手で肌を擦っていたらシミの原因にもなりやすいです。


普通のシミのほかにも、30代頃から気になりだすシミに肝斑があります。

頬やオデコ、鼻の下などに左右対称にできやすい、最初は薄くてもやっとしたシミです。


肝斑の原因は女性ホルモンだそうですけど刺激で悪化して濃くなりやすいのです。マッサージのときも気を付ける必要があります。


肌を擦らないようにしたら肝斑の濃さが軽減したなんて体験談もときどき見かけます。

擦るってやっぱり負担なんですね。


正直、優しーくゆっくり洗顔するのは、ちょっと物足りない感はありますけど^^;変化が目に見えるとやる気がでます。


毎日のスキンケアの時などに意識するのは面倒と感じることもあります。でも少し注意するだけで肌がきれいになると思えば頑張れますし、やっぱり嬉しいなって思いました^^

【関連記事】
【たるみ・ほうれい線】美顔器ランキングと選び方 - 40代からのアンチエイジング&ライフ