40代からのアンチエイジング&ライフ

40代主婦がアンチエイジングと生活に関することを書いてます。肌はやや弱め、エタノール多め化粧水は苦手。

角質粒(かくしつりゅう)の除去方法やセルフケア。自分で強引に取るのは待って!!

首イボについて調べていると出てくる角質粒という言葉。

漢字のイメージから『ザラザラしてるところを触ってるとコロコロでてくる極小の角栓ことだろう』と思ってましたが違うんですね。

アクロコルドンやスキンタグ、脂漏性角化症などの老人性イボの俗称みたいなものだとか。

確かに、老人性イボとか首イボと呼ぶよりは角質粒のほうが気持ち的に良い気がする^^;老人性ってつくと、なんだかショックですよね。

テレビCMの影響もあってから、この角質粒を自分でスキンケアする方が多いみたいです。

私もスキンケア派で思いのほか効果を感じています。


この定義はサイト等によっても違いがあるのか、目元にできやすい稗粒腫(固い白ニキビみたいな脂肪が固まったやつ)も角質粒としている場合もあったりで幅広く使われている印象。

稗粒腫は老人性イボとはタイプが違うんでないのと思いますが、角質粒の仲間といわれるとそうかもしれないと思ってしまう・・・。


要するに固くなった角質や角層がブツブツやできものに変化した・・・こんなイメージから、それらを総じて角質粒という俗称で呼ぶことがあるということでいいのかな??

老人性イボは古い角質が原因でできるという説があって、ここから来ているのかな?と勝手に考えてますけどどうなんでしょう。

角質粒を自分でとることはできる?

f:id:momiji1014:20170616085659j:plain

角質粒を早く取りたいなら病院でとったほうがいいです。自分でやって炎症や化膿すると厄介ですし、ハサミや液体窒素なら病院の費用もさほどかかりません。

けれども、病院に行く時間がない、面倒くさい、お金が掛かる等の理由から、自分でとってしまう方もいます。


モチロン何もかも自分で取るわけではなく、昔から取る方法が知られているスキンタグ等に限定されると思います。

f:id:momiji1014:20170530081917p:plain

スキンタグはピョコッと皮膚から出つつ根元が少し細くなっていて、病院でもハサミで切るだけで終了など比較的簡単にとれて傷跡も残りづらいそう。

全く全然オススメはしませんが一応自分で取る方法をご紹介します。

スキンタグを自分でとる積極的な方法

積極的な方法としてはこうです。

  • ハサミで切る
  • カミソリで剃り落とす(切る)
  • 線香で焼く
  • 髪の毛や糸で縛って枯らす→自然ととれる
  • ピンセットで根元を軽くつまんでいく→栄養が届かなくなって自然と枯れる
  • いじっているうちに自然と枯れる

上記はあくまでも皮膚から飛び出したようなスキンタグの話で、アクロコルドンのような平たいイボを自分で切った話は見かけないですね。

個人的にはどのブツブツでも自分で切ったり取ったりするのは全くおすすめしません。

スキンタグやアクロコルドンなどの角質粒のセルフ対策の他の方法

他の角質粒対策の方法としては、以下のようなやり方があります。予防にもなるそうですよ。

  • イボに効果があるものを摂取する

例)ヨクイニンやハトムギ、ドクダミなど

  • イボに効果がある成分が入ったアイテムでスキンケアをする

例)杏仁オイル、杏エキス、ヨクイニン、ハトムギ等

  • 定期的に角質ケアをする

例)ゴマージュやピーリングなど

これらのスキンケアなどを実践しているうちに枯れたり、目立たなくなったり、新しいものができにくくなったり、そういう状態を目指すと考えるといいと思います。


スキンケアにしろ、摂取にしろ、スキンタグが枯れてコロッと・・・!とか、ザラザラしなくなってきた、減った!という声も多いです。


あくまでも民間療法的なものですし、万人に効果があるとはいえませんが、スキンタグやアクロコルドンを病院に行かず改善したいなら、できることから一度試してみるといいです。

※急激に増えた場合や角質粒か見分けがつかない場合は病院へ行ったほうが安心できますよ。

あんまり触らないことも大事かも・・・

ザラザラしてると、ついつい手で頻繁に触ってしまうこともあると思いますが、ブツブツは必要以上に触らないことも必要。

私も首のザラザラの正体を知らないうちは、ただの角栓詰まりと思って手でゴシゴシと触ってましたが稀に腫れたりしました。

そして頻繁に触ってるとザラザラ感が増える気がします・・・。摩擦や刺激も角質粒の原因なので要注意です。

自分で角質粒をセルフケアして成功した人がいる方法は

セルフケアで成功した人が実践したことは、以下の方法が多いです。

  • ヨクイニンやハトムギを利用する
  • 首イボ対策のスキンケアをする

ヨクイニンやハトムギは、昔からできものに良いとされています。

こんな働きがあるそうです。

漢方や民間療法では、皮を剥いた種子を薏苡仁(よくいにん)と呼んで薬用に用いられ、いぼ取りの効果、利尿作用、抗腫瘍作用などがあるとされる。
漢方では薏苡仁湯などに使われる。また、ハトムギ茶やシリアル食品などにも利用される。
ハトムギエキスは皮膚に塗布すると、保湿作用、美白作用があることが知られており、基礎化粧品に配合されることも多い。
注意点
妊娠中は、禁忌とされる[5]。ハトムギを含む飲料、食品の摂取は避けるのが望ましい
Wikipediaより

ヨクイニンはウイルス性イボに出される漢方薬でもあり、ウイルス性イボ以外は効果がないという意見もあります。

けれども、ヨクイニンや杏仁オイルで、効果を感じた!という声が口コミサイトでも個人のブログでも非常に多いので全く意味がないとは思えないんですよね。止めたらザラザラしてきたという方もいますし。

角質粒の予防やセルフケアのまとめ

長くなってしまったので、角質粒のセルフケアをまとめます。

※首や胸元にできがちな角質粒のなかでも、アクロコルドンやスキンタグなどに対してです。

  • イボに効果があるものを摂取する

例)ヨクイニンやハトムギ、ドクダミなど。お茶や錠剤サプリなどがある

  • イボに効果がある成分が入ったアイテムでスキンケアをする

例)杏仁オイル、杏エキス、ヨクイニン、ハトムギ等

  • 定期的に角質ケアをする

例)ゴマージュやピーリングなど


なるべくなら体の中からと外からアプローチがいいかと。

あと、必要以上に触らない・・・ですね。

ちなみに私は平たいアクロコルドンを病院でハサミで切りました。2年過ぎた今も白く跡が残ってます・・・なるべく病院でとらずに済むように対策をしています。

アクロコルドンもスキンタッグもまとめてケアできるというのが良いです^^

角質ケアもできるタイプなら面倒くさくありません↓
20160121追加 URL2
この商品の公式サイトはこちら