読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代からのアンチエイジング&ライフ

40代主婦がアンチエイジングと生活に関することを書いてます。肌はやや弱め、エタノール多め化粧水は苦手。

脇の毛穴が目立たないムダ毛処理方法は何がある?

脇毛の処理や肌トラブル

最近は夏場にノースリーブを着ているアラフォー女性も多くなってますね。

私が子供の頃もいらっしゃいましたが、いまほどはいなかったような気がします(田舎だから?)。


ちなみに私はノースリーブ大好きでしたけど、30歳半ば頃から二の腕のプルプル感や妙なたくましさが気になってしまい控えるようになりました。あと、脇が見えるのが若い頃より気になるようになってきたのもあって。

だけど、なんだかTシャツとかチュニックも、最近は脇が見えるような短い袖とか多い気がしませんか?

いい柄のTシャツと思ったら袖短い!とか、少し袖長めで可愛いチュニックと思ったら脇下縫ってなくて腕上げたら脇丸見えだよ!とか。

腕も脇も隠せない(´-ω-`)

私はそう考えてしまい極力避けるわけですが、意外と皆さん着てらっしゃいますね。

『脇隠したいのに困る~』と思うアラフォー女性は少ないんでしょうか?

剃り跡とか脇の毛穴とか、脇毛を自己処理してると気になるじゃないですか。もしや皆脱毛済みとか?

脇の剃り跡とか毛穴の目立ちが気にならない?

若い頃も今も、短め袖でも脇を堂々と上げてる人が私の周りには多くて、どうやって脇毛処理してるの?と思ってました。


そこで、私の周囲で聞き込みをした限りでは、脇毛少ないからピッて抜くだけで終わり!という、非常にむかつく声が多かったですよ。そりゃ堂々とノースリーブ着て脇の防御フリーなわけだ。


私なんて、若い頃から広範囲に渡って毛があって剃り跡も広くて、いかにして脇を締めてチラ見せしないかを悩んだというのに、この違いは何なんでしょうね。

剃っても脇の毛穴が目立つ理由は?

自分で剃って脇毛処理しても、表面の毛が無くなっただけで毛穴の中に毛が残ったままなので、毛穴から見えたり皮膚から透けちゃうそうです。

毛が太くて濃いほど目立ちやすいのだと。確かに・・・。

ちょっと深剃りしたほうが綺麗にはなりますが、肌も傷つけますし、いくら深剃りしても限界があります。剃って完全に毛穴が目立たない状態にするのは難しいというか無理です。

私もノースリーブ着るために一生懸命深剃りして、脇がヒリヒリしてました。

それくらい深剃りしても、剃りあとの青さや黒いブツブツ感が気になって腕は上げられなかったですけどね・・・。


こういう肌ダメージの繰り返しが、脇の肌荒れにつながって汚い脇の原因になるんですよね。

自己処理を繰り返して後悔している女性も意外と多いのかな・・・?

脇の毛穴を目立たせないようなムダ毛処理は?

脇の毛穴を目立たせないためには、毛穴内の毛まで処理する必要があります。

これができるのは、毛を抜くか、脱毛するかみたいです。

毛を抜く抜毛は、肌への負担が非常に大きいといわれているので、できたら脱毛のほうがいいですね。

いまは昔よりずっと安くで脇脱毛できますから。


他の方法としては、抑毛剤を使って毛が目立たなくなると剃り跡の毛穴も目立ちにくくなるかな?という気がしますが、抑毛剤はコストが掛かるんですよね。

使うのを止めてしまうと元に戻ってしまいますし、効果がなかった・・・というレビューを読むと買うのも勇気がいります。

脇毛を抜くと何がいけないの?

脇毛に限らずですが、毛を無理やり抜くことで肌に傷が付いてしまうことがあります。

無理やり毛を抜いて出血した経験はないでしょうか?何回も繰り返すと色素沈着で毛穴が黒ずむこともあるみたいですよ。

私の知人達みたいに、抜いても平気!なタイプもいるんでしょうけど、私は平気じゃないので。乳首の毛も抜いてたら、毛穴目立ってきちゃったし。

脇にブラジリアンワックスはどうなの?

以前、脇毛をブラジリアンワックスでセルフ処理する動画を見たんですが、出血はするわ痛そうだわで見てるだけでやる気無くしました・・・。

上手にやればいいのかもしれませんけど、素人がいきなり脇を処理するにはハードル高い気がします。

せめて最初だけでも、ブラジリアンワックス専門店とかでプロにして貰った方がいいんじゃないかと思います。

脇の毛穴が目立たないムダ毛処理方法は?のまとめ

というわけで、脇毛を抜き続けたり剃り続けたりして、脇の毛穴が目立つ、脇が汚い、そんな悩みを持つアラフォー女性は思い切って脇脱毛してみたらいいのではないかと。

もし費用が気になる場合は、大手サロンやクリニックの脇脱毛キャンペーンを利用するのがおすすめですよ。

某大手サロンの無料カウンセリングでも今更・・・みたいな態度は取られませんでしたし、待合室には同じ世代の女性も多かったです。

kireitoseikatu.hatenablog.com