読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代からのアンチエイジング&ライフ

40代主婦がアンチエイジングと生活に関することを書いてます。肌はやや弱め、エタノール多め化粧水は苦手。

目袋の原因や対策|老け度を上げる目の下のたるみを改善するには?

目袋はアイバッグとも呼ばれるもので、目の下のぷっくりと膨らんだ部分。頬との境目くらいでしょうか。

目袋にたるみが加わると、疲れを通り越して老けて見られたりします。

影ができてくまにみえたり。目の下のたるみ、目袋は無くていいのに・・・。

目袋のタイプ

目袋はタイプがあるそうです。

  • 水分たまり・・・不要な水分がたまってる(一種のむくみのようなもの)
  • 脂肪たまり・・・目の周囲の脂肪(眼窩脂肪(がんかしぼう))を筋肉や皮膚が支えきれなくなって押し出される

目袋ができる原因

目袋ができる原因は、

  • 筋肉の衰え
  • 皮膚の衰え
  • 水分代謝
  • 形状的なもの

これらが関係しているとされています。

筋肉や皮膚が衰えると、目の周囲の脂肪などを支えきれず、前に押し出されてしまうのでプックリと膨らみます。

皮膚も加齢でハリを失いますが、そうすると重みを支えきれないので、たるみが目立つようになります。

肌を擦ったり、引っ張ったりするのも、皮膚や筋肉にダメージを与えれば目元のたるみにつながるといわれますね。

水分の取り過ぎはむくみにつながりますが、目袋も目立ちやすくなることがあります。

アルコールを飲みすぎないようにしたら、アイバッグが小さくなったというブログ記事を読んだことがあります。

形状的に目袋ができやすいタイプもいるそうで、目が大きい人はその傾向があるそうです。

目の下のたるみはむくみに注意

水分代謝と関係しますが、むくみは目袋を目立たせます。

むくみで膨らんで皮膚が伸びるせいか、それを繰り返すと顔のたるみにつながるみたいなんです。

私はドラマ観ながらすぐ泣くんで目元が度々腫れます^^;

そうすると普段より目袋が目立つんですよ。

これが若い頃はすぐ戻ってましたけど、年齢を重ねてきたら元に戻るまで時間が掛かるようになりました。しかも目袋部分にシワっぽさも加わってきました。

戻ればシワも目立たなくなるんですけどね・・・。

蒸しタオルや冷やすのが泣いたあとのむくみには有効らしいですが、朝鏡見て「げげ!」と思うものの、色々やってるうちに忘れちゃって、夕方鏡見て再度驚いているという^^;

目袋の改善方法は?

目袋の改善方法は、

  • 水分代謝をよくする
  • 筋肉を鍛える
  • 肌のハリをアップさせる
水分代謝をよくする

簡単なのは自分にとって適度な量の水分にするということや、アルコールを飲みすぎないということでしょうか。

美容のためには水分をたくさん摂りましょう!みたいな風潮がありますけど、やっぱり自分に適量があると思います。水分を摂りすぎると腎臓が疲れちゃいます。

あと、運動やお風呂で適度に汗をかく。

水分代謝に役立ちますし、15分程度の汗をかく運動は顔のたるみ対策にも効果的なんだとか。

化粧品の成分では、水分の流れに関係するとされるアイセリルを利用してみるのもいいと思います。

アイセリル配合アイクリーム↓

【MUNOAGE リペアアイクリーム】

トライアルサイズが安かったのでお試ししてみましたが、私の頑固な目の下のふくらみが少々小さくなり(完全になくなってはいない)、目元が全体的にスッキリした気がします。

目元の筋肉を鍛える

筋肉を鍛えるのはYouTubeなどにアップされてるエクササイズ動画などを参考にするといいと思います。

ただし、エクササイズでシワを作らないように注意!です。強引なマッサージやエクササイズは避けたほうが無難です。

肌のハリをアップさせる

肌のハリをアップさせるのは、化粧品や美顔器の力を借りるのが簡単だと思います。

加齢やダメージによって、コラーゲンが減ったり質が低下すると、肌の支える力が低下するそうです。

加齢で皮膚も薄くなっていきますから、より一層ふくらみが目立つんですよね。

肌の弾力やハリUP対策としては、コラーゲン生成をサポートするような成分、例えばビタミンC誘導体などが効果的

また、乾燥も一時的なたるみの原因になります。

乾燥していると肌の奥もダメージを受けやすくなるので、保湿はきちんとしたほうがいいです。


目袋やたるみはひどくなると改善しにくいので、予防や悪化を防ぐことが大事です。