読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代からのアンチエイジング&ライフ

40代主婦がアンチエイジングと生活に関することを書いてます。肌はやや弱め、エタノール多め化粧水は苦手。

瞼のシワやたるみがイヤならマスカラ選びも気をつけて!

目元(目の周り)の悩みやエイジング対策 アンチエイジング 目の周りのシワ

f:id:momiji1014:20170110193356j:plain

目元の老化って色々な要素が絡んでいますが、まぶたの老化の原因のひとつはアイメイクの落とし方なんだとか。

刺激によって、まぶたのシワやたるみが進んでしまうことも・・・。

アイシャドゥはもちろん、マスカラを落とす時にゴシゴシ擦ったり、まつげを引っ張ったりするのは、瞼のシワやたるみにつながるので厳禁なんですって!

そんなことは考えもせず、マスカラが落ちなくてゴシゴシこすったり、まつげを引っ張ったりしてました。

もしやそれが今の瞼の老化の原因じゃ・・・ 目元のたるみやシワにつながると知ってからは、もう恐ろしくてできません^^;

どんなマスカラが上瞼に優しいの?

マスカラを使うと使わないでは、目元のパッとした感じがぜんぜん違いますね。 私なんてマスカラ塗った日は、妙な自信がふつふつと湧く気がします^^

マスカラがないと目元が寂しい、メイクが決まらない。

そんな方も多いと思います。 歳を重ねるとマツ毛も細く薄くなったりするし。

でもマスカラって、モノによってはイラつくくらい落ちないことがあります・・・。ゴシゴシ擦ったり、強いクレンジングを使う羽目になると、これが目元には負担になってしまうんです。

マスカラを落とす際に負担が少ないものを選ぶといいそうで、メイク落としによるまぶたのシワたるみ対策には、お湯でスルンと落ちるフィルムタイプのマスカラがいいみたいですよ。

フィルムタイプのマスカラはプチプラでも買えるので、これはありがたい^^

雑誌のアンチエイジング特集でも、『マスカラは簡単に落ちるフィルムタイプしか使わない』という声を見かけたりします。皆さんやっぱりエイジング対策に気を使ってるんですねぇ。

アイメイクをしっかりして落とすのは目元に負担が掛かる

アイメイクを濃くする場合は、『目元のクレンジングもしっかりキッチリ!』となりますよね。

最近は目元に優しいクレンジングも色々あるので、強いオイルクレンジングで目元が乾燥して痛いしシワシワ・・・なんて事もなくなりつつあるかもしれません。

とはいえ、優しいクレンジングでも、濃いメイクもしっかりメイクオフできるということは、それなりに肌の潤いも奪っているんじゃないかと思うのです。

肌のためには、アイメイクをきちんと落とすことも大切ですが、そのあとのスキンケアも重要なんだそうですよ。

まぶたのシワ対策や目元の老化が気になる場合は、ここは注意すべきポイントかもしれません。

アイメイクをしっかりクレンジングしたら、失われた潤いや油分を補うべし!

アイメイクを落とす際には、肌に必要な保湿成分や皮脂も失われてしまいます。 なので、これをアイクリームなどでしっかりと補ってあげることが必要です。

普通のクリームを重ね塗りするのもイイですけど、40代では若い頃より断然潤いも皮脂も不足しているので、美容成分が凝縮された目元用のケアをプラスしてあげるとより効果的とされています。

どこかのレビューサイトかQ&Aサイトで見かけたのですが、『40代の最初の頃まではクリームの重ね付けで問題なかったけど、年齢が進むにつれてクリームの重ね付けだけでは効果を感じられなくなった・・・』というような話を見かけました。

使ってみて実感しましたけど、自分に合うアイクリームは確かにイイんですよ。

私も一時期はまぶたのハリのなさが気になってましたが、きちんとケアしたら少しずつ改善されてきましたから。

目元の老化に焦ってアイクリームを使いだしたものの、心の何処かではこういう部分用コスメに対して微妙に半信半疑だったのでビックリしました^^;

kireitoseikatu.hatenablog.com

目元への負担はなるべく減らして、足りないものは補う!

目元の老化は見た目印象に影響します。そして目の周りは皮膚が薄くて繊細な部分です。

アンチエイジングを意識しているなら、ゴシゴシこすらなくても落とせるフィルムタイプのマスカラを使って、アイメイクを落とす際に失われる成分や皮脂を補う』これもひとつのエイジングケアになると思います。

肌の衰えは止めることはできないと言われますが、遅くすることはできると言われますよね。小さなことが数年後の差につながるのかもしれませんね^^

kireitoseikatu.hatenablog.com