40代からのアンチエイジング&ライフ

40代主婦がアンチエイジングと生活に関することを書いてます。肌はやや弱め、エタノール多め化粧水は苦手。

自宅でできる目元のエイジングケア方法や美容アイテムのまとめ

目の周りのケアの方法や美容アイテムについてまとめてみました。

 

ふと鏡を見て、

 

『アレ?寝たのに目の上のくぼみが直ってない??』
『お風呂上がりなのにシワが消えてないだと…?』

 

こんな風に思うことが40代突入頃から増えた気がしてますが、世の中のアラフォー女性の皆様はいかがでしょうか?まさか私だけ??

 

目元の衰えは、肌だけではなく、目の疲れが関係することもあります。40代は老眼を感じ始める人が多いそうです。

 

現代はスマホやパソコンで目は酷使されています。目を使いすぎた後、目元にお疲れ感がバッチリでていないでしょうか?

 

もし思い当たるなら両方ケアしていくのがいいかなと思います。

 

目元のエイジングに関する記事の一覧ページはこちら

 

疲れ目や眼精疲労は目の周りのシワの原因になることも・・・!

疲れ目対策に関する記事の一覧ページはこちら

 

 

化粧品(アイクリーム・目元美容液・アンチエイジング美容液)

目元のエイジング対策を真剣に始めるならば、アイクリームや目元美容液から始めるのがイイと思います。

エイジング対策はコツコツ続けることが必要と言われますけど、毎日面倒なケアを続けるのはやっぱりムズカシイんです・・・。

アイクリームは塗るだけなので、忙しい人でも続けやすいと思うからです。

何を基準にアイクリームを選ぶ?

私は化粧品のカウンターが苦手ですし、肌質のせいか大手コスメブランドで勧められた商品は合わない事がほとんどです。

 

しかも、化粧水だけ選びに行ったはずが、何故か色々買ってしまいますし^^;なので、基本的にスキンケアアイテムは、情報量が多くてじっくり選べる通販コスメを利用することが多いです。

 

通販コスメにも色々なアイクリームやセラムがあるので迷いやすいと思います。

 

そこで私なりに考えた結果、こんな基準で選ぶことにしました。

  • 悩みに効きそうか(成分やどの悩み向けアイテムか?など)
  • 浸透力はどうか(浸透しやすい工夫がされてる?)
  • 持続力はあるか(コレはちょっと判りづらい^^;)
  • 良かったとして2回目も買えそうか(これは効果次第ですけど。すごくよかったら多少高くても買うかもしれない。あまりに高いのは1回目すらムリだけど)

 

プチプラだと勢いでドラッグストアとかで買っちゃうこともありますけども^^;

重視したいことから自分なりの基準を作ってみると迷いも減るかも。

アイクリームの効果はどうなの?

実際にアイクリームを継続して使ってみて、『もっと早く使い始めれば良かった!』と実感しました。

 

そのアイクリームがどんな悩みに向けて作られているか?にも寄りますが、個人的にはシワ、乾燥、くすみ、軽い弛みケア等にアイクリームはいいと思います。

 

なんといっても塗るだけで簡単に毎日ケアできる点もいいですし、目元のヨレッとした雰囲気やしぼみ感が減ってきたように感じてます^^

 

年齢とともに更に乾燥しやすくなっていく目元を守るためにも、エイジングケアにアイクリームは必要だと思います。

アイクリーム・目元美容液ランキングページへ

美顔器というよりグッズ的なもの

目元ケア用グッズ。

例えばこちらとか。
眼輪筋を鍛えるグッズです。

 

眼輪筋を鍛えると目の下のたるみ改善とかに良いらしいですが、私は知らず知らず手に力が入るほうなので、つい目に圧力を掛けそうだし、手が滑ってうっかり目に入れそうで怖いかも…

目元を老けさせる目の疲れのケア方法やアイテム

目の疲れは、目元を老けさせる理由のひとつです。

 


目を使いすぎると目元の筋肉の緊張や血行不良を招きやすくなり、それが目元のシワやクマの原因になることがあります。なので、目の疲れをケアすることも目元のアンチエイジングに必要だと思います。

 

目の疲れのケア方法は、

  • アイケアサプリ
  • ツボ押し
  • マッサージやエクササイズ
  • 目を休ませることを心がける
  • 目を温める
  • ぼんやり遠くを眺める

 

これらのものなどがあります。

特に目を休ませることは重要です!集中してるときは疲れに気づきにくいので、定期的に目を休ませるようにしたほうがいいかもです。

 

目を閉じたり、温めるのも大事ですが、ぼんやり遠くを眺めるのも目の筋肉をリラックスさせるそうですよ。

 

マッサージやツボ押しは、刺激が強いほうが気持ちよく感じやすいですが、とてもデリケートな部分なので優しくすることが大事。強い刺激はシワやたるみの原因にもなりますし、なによりも目に悪い影響を与える可能性もありますので注意。

 

もちろん、スマホやパソコンなどをなるべくつかわず、目に負担をかける時間を減らすのが一番必要なことでしょうが…いまや生活していくうえで極端に減らすのはなかなか難しいです。

 

疲れ目/老眼に関するカテゴリ

 

まとめ:目元の衰えは、外からと中から対策がおすすめ。そして目の周りのアンチエイジングにアイテムを選ぶときの基準があったほうがいい

 

お互いアンチジング頑張りましょう^^