読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代からのアンチエイジング&ライフ

40代主婦がアンチエイジングと生活に関することを書いてます。肌はやや弱め、エタノール多め化粧水は苦手。

はじめまして

はじめまして、モモカです。

アラフォーになってしみじみ思うことは、こぎれいに歳を重ねていきたいということです。若い頃は何もしなくてもキレイですけど、歳をとるとなかなか…面倒にもなってきますし。

でも、ここいらで頑張っておかないと20年後どうなってるの?って思いました。

私はすぐやる気をなくすし忘れるし、手で書く日記は面倒で続かないので、自分が気になること、調べたことをここに綴っていくことにしました。

 

目標は私の愛する幼馴染。

目標といっても真似とかではなく、彼女が持つこぎれいさを目標とする感じです。タイプも性質も違いますからね。

幼馴染は決して若作りしているわけでもなく、さりげなくお洒落でこぎれいな、私の目から見ると原田知世的な透明感のある女性です。

 

ある日、うちの子供(当時高校2年くらい)が、彼女が帰った後に私に言いました。「○○さんて、すごく綺麗だよね」。

高校生男子にすごく綺麗と言われるアラフォー…超羨ましい(笑)!!

 

ちなみに、私も子供が中学生くらいのころは若くてキレイなお母さんと言われてました。成人してすぐ結婚して、すぐに子供ができたので、実際若いほうだっただけですけどね^^;

 

その後、色々とすったもんだあって、ふと気づけば鏡の中に中年女性が…!

誰コレ??わたし?うっそー!

昨日まではもう少し若くて可愛かったよね??(気のせい)

 

あと、私はラフな感じの格好が好きというか、ラクだし似合うとずっと思ってました。

きちんとした格好で気合を入れるのも好きですが、とある事情で仕事を辞めて以来、全く着る機会がありません。

 

毎日ラフな格好で長いこと過ごしていましたが、自分の老化に気づき出したのと同じ頃、スーパーのガラスに映る自分を見て気づきました。

生活感あふれるだらしない地味なオバサンにしか見えない…と。

 

そういえば、そのTシャツはダメでしょと友達と旦那から度々言われてたw

 ラフがダメなわけじゃないんですよ。私の場合はラフを通り過ぎて単なるだらしない人にしか見えなかったんです。

長期に渡る身内の問題続きで生活に疲れていたのは確かですが、その様子はその頃の写真にバッチリ写ってて未だに見たくないです。

 

10代の頃に『歳をとるほどこぎれいにとしなきゃね』とか『年取ったら派手な色がいい(限度はあると思うけど)』とバイト先の大先輩(50代)が言っていたのを、しみじみ実感したのです。

 

というわけで、こぎれいな人になるべく頑張っていきたいと思います。

10年後、ちゃんとしとけば良かった~!と後悔しないように☆

 

まずは見た目から頑張ろうと思ってますが、生活面でも気になることがあったら、そちらも書き留めていきたいと思います。

このブログがどなたかの何かのお役に立つことがあれば幸いです。